人材派遣とアウトソーシング

人材派遣とアウトソーシングと、ごっちゃに認識してしまっている方は多いのではないでしょうか。

アウトソーシングとは、専門的な業務を外部の企業から委託して行う事です。
日本では「外注」と訳されるときもあります。
今では、自社以外の業者から人材を用いる事を「アウトソーシング」と言っています。

一方、人材派遣とは、人材派遣会社に登録をしておいて派遣契約を締結してあるときにだけ、
雇用契約を結ぶという形態です。
これが人材派遣の働き方の主流になっている事から、一般労働者派遣とも言われます。
複数の自在派遣業者に登録して、仕事を紹介してもらえるというメリットもありますが、
雇用が安定しないので収入が安定しないというデメリットもあります。

アウトソーシングの場合、言葉の意味合いが広いので人材派遣業や人材バンクのような
請負専門の業者まで総称して「アウトソーシング」と呼ばれる事が多くなっています。
実際、人材派遣なのか業務委託なのか請負なのかは、登録前にご自分でしっかり確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です